枕があわない(女性50歳代・大阪市)|ハイパーマッサージで肩こり・腰痛・首の痛み・不定愁訴を解消|枚方市御殿山のマッサージ・整体院

画像はじめての方へ 画像お問い合わせ

施術治療時間 10時 13時 15時 17時
定休日 木曜日

0728980025

院長日記

枕があわない(女性50歳代・大阪市)

11月28日・土曜日
HIさん 女性 50歳代 大阪市
 

職場の友人の紹介で来院されました。友人が枚方市のHさんでものすごくいいからと聞いてきました。
頭痛がして首を動かすと痛いし寝る時の枕があわない、枕を5個もあるけどしっくりとしない。時折首や肩にピリピリと痛みがあり固まっていると感じます。腰も痛いしなんだか不安定な歩き方になっているようで帰宅するととにかく寝たい。
 

Iさんの身体は全身が硬直している状態で、特に首肩は硬い。筋肉が硬い状態の面積が多いため血液の流れる血管が流れない・閉塞されている状態で血液循環の不良がおきており脳に血液不足の状態の脳貧血もあり硬い筋肉内の神経も固められて神経痛の痛みも現れている状態です。

 
脳貧血の状態は首肩の筋肉が硬くなっている部分の血管んは血液が流れないようになっているので脳で活躍した血液が腎臓に行く血液の量が減少しておりそのたねに心臓より脳に送られる血液量も減少するので脳細胞に血液不足の細胞が生まれやがてはその細胞が働くなくなってしまうとおもわれます。脳の活動性が減少していくものと考えられますやがては認知症やアルツハイマーという病床の恐れにもつながると考えられます。

 

 

枕があわないというのをよくききます。それは枕があわないのではなく、首肩の筋肉が硬いために首可動範囲が狭い・首の湾曲度が狭いために枕とフィットするのが1点しかないという狭さなのでなかなかあわないのです。首の筋肉が柔らかくほぐれていればフィットする範囲や角度が広くなりある程度の枕でもあいます。

Iさんはしばらく週に1回の施術治療をうけるために通いますとのことになりました。