背中が曲がってきている(女性60歳代・枚方市)|ハイパーマッサージで肩こり・腰痛・首の痛み・不定愁訴を解消|枚方市御殿山のマッサージ・整体院

画像はじめての方へ 画像お問い合わせ

施術治療時間 10時 13時 15時 17時
定休日 木曜日

0728980025

院長日記

背中が曲がってきている(女性60歳代・枚方市)

11月25日・水曜日
Seさん 女性 60歳代 枚方市

 

 

片頭痛がするとのことです。

 

 

首肩がこっており後頭部までこりが拡大しており背骨の左右に走行している脊柱起立金が硬くこっていて脊柱起立金が肩甲骨の間隔ぐらいの背骨を後湾・曲げてきている状態が認められました。
脊柱起立金は腰の下の仙骨から始まり後頭部に停止していいるのです。その脊柱起立金が硬くなってきて硬直度を強めてきて背骨を曲げるようになってきているのです。この状態が促進しますと腰簿雌を曲げてきます。前におじぎをする姿勢になってしまいます。

 

 
背中全体首の表面の筋肉は僧帽筋といい僧帽筋は後頭部までありますのでその後頭部の部分が硬直しており神経を圧迫して片頭痛という痛みを感じさせているのです。
Sさんはこのままでは前におじぎをした状態で歩くことになります。骨を変形していきます。こっている筋肉をほぐしてしまいましょう。