喉が痛い|ハイパーマッサージで肩こり・腰痛・首の痛み・不定愁訴を解消|枚方市御殿山のマッサージ・整体院

画像はじめての方へ 画像お問い合わせ

施術治療時間 10時 13時 15時 17時
定休日 木曜日

0728980025

院長日記

喉が痛い

喉の痛みと「こり」の関係について

喉の痛みも「こり」から起こることがあります。首の前側に「こり」が発症していると、その「こり」が咽頭部を外部から圧迫して咽頭の内径を狭窄するため、食事の際に食べ物が狭窄されている部分を通過する時に、咽頭の内壁に接触する圧が高まり軽い炎症を起こして痛みを感じると思われます。また毎日食事をとっているため、軽い炎症は無くならないと考えられます。

のどの痛み以外に「咳がよくでる」「嚥下が困難」「飲み込みにくい」などの症状も起こることもあると思われます。このような症状は耳鼻咽喉科に行っても原因不明といわれる場合が多いようです。症状の原因は咽頭の中で起きているのではなく、外部で起きているので異常が認められない場合が多いようです。風邪薬や消炎剤を服用しても効果は現れません。

咽頭の内部は筒状になっておりその内側には「センモウ」という細かい髪の毛のようなものが多数あります。外部から呼吸とともに侵入してくるチリ・ホコリ・雑菌・風邪の細菌・インフルエンザのウイルスなど、身体内部に侵入して害を与えるものを体外に排出しようと咳という反射作用をおこして排出しているのです。その咽頭が外部より「こり」の影響をうけて狭窄させられている為に、咳という反射作用が頻繁に起きるようになると考えられます。
また咽頭が狭窄しているために食べ物が飲み込みにくくなるために、嚥下が困難な状態になったり、飲み込みにくい症状が現れる人も多いようです。